泥染黒

昨年後半から始めている泥染黒を使って頂く方が増えてきました
今年に期待です。 アフリカでは機械染めではなく タンニンの有る植物を鍋に入れ煮汁の中に織物を入れ、その後 鉄分の多い泥田で踏み込んで
色を変化させます。 この煮る、踏み込む作業を繰り返して黒にするのです
同じ様な方法で 今でも奄美大島でも実際に行われています
私達はこの手作業を機械化させて、 200mから染める事に挑戦してみました
この時代遅れの染めを定番化することにします
現在継続のタンニン染より200円/m 単価が高くなりますが
合わせて製品化ください。
洗い込んでいますので、シワをアタリが出ています
この雰囲気が 他の濃茶や薄茶と同列で違和感がないモノになりました

販売では 色落ちが問題になるとおもいますが、 岡山産地のインディゴデニム
と同じ程度の色落ちです。 初回加工分はもうすぐ無くなりそうで、3月加工で追加することに成りそうです