防水とは タンニン染帆布には防水はしていません

帆布という生地に防水加工は必要か?
化学染料で染める帆布の最終工程で防水加工をやっています。
撥水加工,パラフィン加工,完全防水等
良く聞かれますが,タンニン染め帆布は防水していますか?
実はしていません。 その加工をするべきか?で悩みました
あくまで染めは天然染料にこだわって,最後に油を使うのか?
という事ですよ。
9号帆布と6号帆布は共に織物としては密度の詰まったものです
そしてリング糸でシャトル織機でしっかり織込まれています
また,最終工程では洗い加工で密度がしまります。
まあ,透かして見ようとしても,すき間は無い訳です
多少の雨なら中までしみません。 そして水分が糸を膨張させるので
濡れはしても,数時間の雨なら問題は無いです。
心配なら 濡れて困るものは ビニール等でくるんで入れて下さい

タンニン染め

染めて洗う行程の確認

永くタンニン染めを続けていると,マンネリになる。  そこで,レベルアップを図るため,洗工場との打ち合わせ試作の仕事です。生地を染めた状態では,タンニンは固まって堅い状態です。 ムラになったり,汚れが目立ったりしますので最終仕上げで,大きな洗濯機で12m程にした生地を洗います。温度設定と洗う時間を決めています。永年継続することで,色ぶれは殆どいなくなりました。
問題点は あまり時間をかけて洗うとタンニンがはげ落ちてしまい,経年変化で色が変わる効果を失ってしまうことです。 洗えば良い事と デメリットがある訳で, 色落ち問題より タンニン染めの効果を大切にしたい!
そのぎりぎりの試作をやっています。

タンニン染め

できるだけ染め上げの状態できれいに洗う事
今回のテスト反では微妙です。まずは このデーターで今回は洗うことにしました。
もう少し水温を低温設定にして試す事にしました。その結果が良ければと期待しています。
今回は9号帆布での試作です
6号9号 色の感じはどうか?と聞かれると,生地の打ち込みなどから染料の入り具合が6号の方が良いようで,少し濃いめになりますね。  帆布以外の織物でタンニン染めをやっていましたが。糸の撚りのあまいものや 太番手でざっくりした織物では繊維の中にタンニンの粉が入りやすいので
濃くなります。
どうしてやらないの?
継続性が無い企画は私達業者にはメリットが無いのです。

タンニン染め

泥染黒

昨年後半から始めている泥染黒を使って頂く方が増えてきました
今年に期待です。 アフリカでは機械染めではなく タンニンの有る植物を鍋に入れ煮汁の中に織物を入れ、その後 鉄分の多い泥田で踏み込んで
色を変化させます。 この煮る、踏み込む作業を繰り返して黒にするのです
同じ様な方法で 今でも奄美大島でも実際に行われています
私達はこの手作業を機械化させて、 200mから染める事に挑戦してみました
この時代遅れの染めを定番化することにします
現在継続のタンニン染より200円/m 単価が高くなりますが
合わせて製品化ください。
洗い込んでいますので、シワをアタリが出ています
この雰囲気が 他の濃茶や薄茶と同列で違和感がないモノになりました

販売では 色落ちが問題になるとおもいますが、 岡山産地のインディゴデニム
と同じ程度の色落ちです。 初回加工分はもうすぐ無くなりそうで、3月加工で追加することに成りそうです

五徳

img_1987古い火鉢を納屋から出してけれど、灰がない。鉄瓶がない。五徳がない。 灰は外でたき火をしているので難なく調達
鉄瓶は? 知人に当って見たが誰も反応がない。仕方なく
INAIで安いのを購入。通常1万円以上だが、特価処分で5000円だった。 何処でもありそうな五徳が無い、、。彼方此方探して
長浜の荒物屋でやっと見つけた。 長浜はやはり歴史が深い分、こんなモノを使う人が多いのだ。
炭が問題。 ホームセンターで販売している炭は安いが
火付きが悪い。昔からの岩手の炭が一番良い。 備長炭と売られるものは高いので私には向かない。
さて、鉄瓶で湧いたお湯でお茶を入れる。 出来上がったお茶は まことまろやかに仕上がって やはり鉄瓶で沸かした
お湯は違うな!と一人納得した次第img_1989
後は水だね。雨が降った後は水が濁る。浄化システムを作らねばと思う。樽と炭を使って見よう。

無農薬とは その1

IMG_1880
棉・コットン:この植物は 亜熱帯から温帯にかけてのもの

夏の暑い季節の世話が一番です 7月から8月我がGardenでは一気に成長します

花が咲き始め実(コットンボーツ)が成って,気温の下がる秋にその実が弾けて

棉が現れるのです

収穫は弾ける実から飛び出す綿を 手で殻から轢きだすのです

一斉に開く訳ではなく,だらだら,日々 少しずつ開くので コラ!早くしろよ

そんな気持ちになります

アメリカで始まったプランテーションの棉の収穫作業は

このイライラ感を 取り除きました

空中からヘリコプターで枯葉剤を散布します

一斉に枯れてくれるので 殻が弾けるのも一気

枯葉剤は ベトナム戦争で ベトナムでは奇形の子供たちが生まれた薬剤です

輸入されるほとんどの綿花はそのような農法です

消毒による生態系の深刻化も重なってオーガニックコットンの生産が始まったのです

私の回りの農家は其処までしませんが,除草剤や農薬散布は当たり前になり

いかに楽に作業をして 収穫を上げるか この戦略に巻き込まれて 洗脳されてしまいました

家庭菜園で自分達の野菜は作り ハウス栽培で薬漬けの商品を出荷する

おかしな事に皆さん気付きながら,何も問題にならない現実を過している訳です

その時が来たら 誰があやまるのでしょうか?

初めて棉を出店する

DSCF3047DSCF3016昨年収穫した棉を初めて販売のために出荷しました。 この棉を使って糸に紡ぐことに感心を持ってくれて,お金を出して買い求めてくれるのか? 軽くてフワフワの糸で繊維が長い。最初から色が着いているために,後でカセにして染める糸と比べて数段柔らかく,軽いので
糸にして編み物にして欲しいです。  手間,暇のかかったワDSCF3017タです。採算は勿論合いません。 でも,私としてはお金にしたいです。来年に向って希望が湧きますから。
設定単価は袋詰め300g3600円 と言う感じです

春は近い

シイタケ原木を切る準備作業 山の作業風景

IMG_1351春は其処まで来ています.小川の淵にはフキノトウがツボミを膨らませています
木の芽も暖かくなる日を待っています
そこで私は山に入り,樹が目を覚ます前に 樹を切るのです
昨日,大きな樹の周りの雑木を切り倒しました
大きな樹はまずチェンソーで切りますが,私は昔風のノコも併用して
巨木と戦います. 老人と海,白鯨のような 老人と樹の戦いです

タンニン染めで黒を作ります

タンニンの染めもマンネリ化してきたように感じ始めて,
色を加える事にします
それは黒です
黒は堅牢度が悪く,濡れると特に色移りがある訳で
遠慮していました. それと加工代が違うため同じ値段では売れない為ですが
少しでも安く加工出来る様な対策を考える事にします
実際には黒が染めの中では一番売れる色なのですから
試作反は4月初め迄に作製します
どのタンニンを使うか?は未定です

現在続けてきましたレンガ色は在庫限りでやめる事にします

商売 

商売は金儲けである
お金を稼ぐために,日々あくせくしている様は 見方によっては見苦しいものだ
生き残りには多少の誤魔化しも良いのではないか 等と,,つい違った情報を流す これが 社会で一般的になっていないだろうか?
東芝の決算表,フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンのコンピューター制御  大問題になるものから,まぁ,良いか! で許される小さな事まで
生きる事は戦争と同じで,勝たないといけない。商売だって競争相手に勝たなければいけない。 きっとそんな理由が 根底にあるのでしょうか。
でも誤解される表現はやめて欲しい

京都伏見稲荷神社回廊
京都伏見稲荷神社回廊にて

さて,草木染めについて
草木染めと謳って発売されている商品が100%草木染料で染められているか?
何故か15%草木染料なら良いらしい。 真面目に草木染めにかかわる人が怒る訳だ
先日大阪の展示会でホントにきれいな草木染めを展開している会社が目についた。いかにも商売上手なセールストークだった。 ホントに出来るの? 15%草木染料ですと 頭に15%入れて欲しいな
私達の提案しているタンニン染めも草木染めの範囲に入ると思います
草木染めの欠点である色の再現性,作る度に色が定まらない欠点を解決しています  100%化学染料を排除した染め方で仕上げる事を絶対の条件で染屋さんと取り組んで出来たのが,私達の販売しているタンニン染です
染め上がるまで化学染料のお世話にならない職人技なのです。

オーガニックコットンについて
全く農薬を使わない農法で作られた綿として,広められたオーガニックコットンですが,売れる事を知った企業が5%の糸がオーガニックなら良いのではとか,多少の農薬なら良いのではと新しい認証機関を立ち上げて販売しだした
そのため消費者はオーガニックのラベルに操られ,疑問だらけの商品を買い
,本当のオーガニック生産農家が行き詰まってしまいました。
今 販売されているオーガニックって本当なの? 疑問を感じてください
商売はかくも見難いものなのです
経営者の資質が商品に反映するのです。

そのように見れば,創業者や 継承する経営者のものの考え方を私達は普段から感心を持った方が良いでしょう。人間性でしょうか。道徳観をもって会社経営をしているかが 私達からの見方になります

大阪ギフトショーでのヒント

滋賀に引きこもって4年あまり展示会等縁遠くなっていました
気持ちの変化でgift show開催のセミナーがあったので申し込んで行く事になったのです
ナノ.ビジュアロジカルの中川さんのセミナーは 私にとっては
良いアドバイスになりましたね
1 ブランディングは売れる自分をつくる事
2 自分を売り込む日ごろの訓練練習(自分の良い所て気付かないな)
3 はっと思える(覗いてみたくなる)ネーミング
4 誰に売るのか 使う人を意識するのが一番
5 勇気を持ってドアをノックして売り込め 商品がよければ話は必ずつながる
6 まね出来ない素材と簡単には出来ない技術が備わった修練されたデザイン