棉を殻から引き出す

棉を殻から引き出す作業も大分慣れました殻から完全に弾けているもの、まだ半分しか弾けていないもの等色々です。夜の私の仕事になりました。とは言え、まDSCF2540DSCF2538だ初心者なので真剣です。殻に閉じこもっているいる物をそっと引き出します。あまり力を入れたり、急に引っ張ると繊維が切れてしまいます。出来るだけそっと引っ張ると長い繊維がふわっと出てきます。これもやはり手作業の良いところでしょう。感覚の問題ですね。職人の手仕事と言う事だろうか?この作業が手に負えなくなると、機械作業になるのでしょう。
お世話になっているTEORIYAの多田様から、珍しい棉を送ってくださいりありがとうと電話をもらった。
この道の権威から電話をもらうなどとは
考えてもいなかったので、うれしい限りです。意外にグリーンの糸を栽培している人は居ないようだ。問題はない訳ではない。
なぜなら 茶棉とちがって、光に弱く、色が退化しやすいらしい。まあ仕方がない。
美人薄命と云われる。美人は惜しまれるうちに、命を落とすのが良いではないか!
寒くなって、この殻が弾けて綿が弾け出す。夜の日長はこの作業がふさわしい。別段ノルマがある訳でもなし。何故かこの作業を自分だけ独占しているのが、もったいなく感じてしまう。あなたもやってみますか?

DSCF2541

立冬2014

寒い日が続けば、コットンボールも弾けるのが早いのですが、今日まではそうは行かなかった。予報だと明日から葉、北風が強まって。一気に寒くなりそうだ。コッロンボールから、直接綿を採取するのIMG_0098が一般的のようだけれど、私はハサミで軸の所をハサミで切ってそれを、自宅に持ち帰って暇な時に、棉を引っ張り出す この方が、能率的なように思う。まだ分からない事がたくさんある。今年のやり方が良いのか?間違いいているのか? 最後の収穫が終わってから反省したい。
棉を採取し始めてから一ヶ月、まだしばらく掛かりそうである。来週から島根松江に椎茸の作業に行くので、こちらの採取作業は友人が引き受けてくれる事になった。
来年はさらに作付を増やすので、11月は棉と椎茸の作業が重なる事の対策が問題になる。島根での作業が増えると、棉も島根で植え付ける方が良くなるかもしれない。IMG_0102
いよいよ、島根移住になってしまうかも? 心配する前に糸を紡ぐまでをやり遂げねばなりません。これからが案外難しい事かもしれません。
繊維の長いもの、色の濃さや、色合いも同じではないので、そのままマゼコゼにするのか? それとも選別するべきか?  種を摂るのに機械でやるデメリットはどうなのか? 種から油を抽出する方法? 等々疑問がフツフツ
湧き上がります。

棉の収穫

気温が下がってきた。最初に花が咲いたものから棉の実が弾ける。中途半端に開きかけたものを獲ると、殻から引き出すのが難しい、やはりカパッと開くまで待のである。
収穫を一日伸ばせば良い。きっとアメリカのプランテーションでは、全部が開き終わってから、機械で摘み取るのだろう。私は初めてのことなので、其処まで待てないのである。摘み取ったものを、一旦干して(乾いていないものがある)殻から綿を引き出す作業がある。これは夜音楽を聞きながら、テレビを聞きながらの作業である。この作業が手に余る様な段階にはどうするか?
それは、またの時に考えたい。
時々、小さな虫が危険を感じて、走り出してくる。部屋の中なので、ごめんなさい、指で圧殺する。
原点に帰って織物を作るには、農業から始める事になるのだ。そして、商いができる訳です。そんなことを考えると意外に興味が湧いて、作業に充実感を感じるのです。

DSCF2525

コットンボール

棉の花が終わると、4cm程のボールが出来る。この中で棉が作られるわけでしょうか?
私にとっても初めての経験です

IMG_0352IMG_0349コットンボールがはじけて、中から棉が飛び出す季節は多分寒くなる11月とかになるでしょう。下草刈りは 手刈りではなく、草払機でナイロン糸を振り回してやっつけています。教本では支柱をたてる とありますが、別段無くても良い様です
アメリカのプランテーション農家の畑も支柱はたてていません。
ただ、トマトも支柱をたてないと、地べたにトマトがくっついて、汚れるように、同じ結果になるかもしれない。 とりあえず下草が栄えないように、ナイロン生地が地面にあるため
少しは良いかと思う。