シャトル織機

01

帆布を織る織機は現在シャトルを使って織るより効率の良いエアジェットと呼ばれる高速織機で織られる.(空気銃のようにして,糸を運びます.効率よく2mから3mの巾の織物が織れるようになりました)
シャトル織機は力織機とも言われる.左上のシャトルに緯糸を入れて,右から左に,そこで筬(オサ)がバタンと糸をシッカリ打ち込む訳です.次ぎに筬が左から右に緯糸を運びます.次ぎにバタンと筬が縦糸と緯糸を食い込ませる.

このロケット見たいなシャフトにセットされた糸が縦糸の間を右に左の移動して 織られる訳です
このロケット見たいなシャフトにセットされた糸が縦糸の間を右に左の移動して
織られる訳です

この連続で機械は動きます.手機で昔から織られた仕事が機械化されて来ました.緯糸は残念ながら筬に無限にはいるわけでは無く,50cmから100cmを織ると
シャトルが止まってしまいます,(止まる原因には湿度も関係して

DSCF1496

,糸が切れやすくなることもあります)そこで新しい糸を繋いでシャトルを動かします.そこで繋ぎ目が目立たないようにするのですが,やはりよく見ると,つながりが解ります. 昔は女工さんが5台程の織機を管理して何百台も工場で機械を動かしていました.   織物にもよりますが1時間50cm程帆布が織れます.
時代が変って,均一化され表面の目面がきれいなものが要求される時代です.また織物を織る側からも,効率の良い機械で織り上げることが,良い訳で,勝手に機械が寝ている間に織物を作ってくれる時代になっています.
市場で扱われる帆布も今はシャトルで織るものは一部で,90%以上が高速織機の織物になりました.
では何故,私が力織機にこだわるのか?
一番大切な強度,シッカリ感です.9号帆布(織り目が細かく10号よりシッカリしている)や6号帆布(8号より目がつまってボリュームが在る)は共に製品にした時に使い込んでも,へたり難い事です.
そこで更にシッカリ感と丈夫さを求めると力織機で織られた帆布を選ぶ事になります. 見た目にはっき

DSCF1497

り違いは無いのですが,何となくデコボコ感があります.味わいがある と表現する人もいらっしゃいます.
実際,革新織機で織られた帆布を使っている工場さんでは,この生地は不良品だと言われたことがあります.

 織り上がった生地より,実際にタンニンで染ます.その染の工程は化学染料で染める時間と比較すると倍以上の時間をかけて,70度前後の湯の中で染,水洗い,乾燥をします.そして場所を移動して,長時間ワッシャーで 生地を洗い込みます.
この段階で表面に付着したパウダーが少しきれいに落ちます.タンブラーの中で生地同士がこすれ合って生地に当たりがでます.

DSCF1499デコボコ感と少し剥げた部分が出てきます. 少し使い込んだ表面感が出てきます.

 私は この力織機で織る帆布で染洗う事で,味わいがより深まっていると思っています.実際に高速織機で織る帆布の方が傷も無く,多少はコストも安くなりますが,このシャトル織機の織物をベースに作り続けます.
先日機屋さんと打合せしている時に,生地のボリューム感については糸の拠りを強める方法がありますが,これは糸から大量に作らねばなりません.でき上がった生地に樹脂をコートする方法があるが,
これも二次的なので,堅くなり過ぎるきらいが在る
織ムラ,キズは大目にみて,使う人がメリットをどこに置くかだなぁ!
と言うのが 私の意見でした
定番在庫の化学染料染をストーンウオッシュすれば,それらしくは出来ますね.
違いは歴然で,縫製上がりのシッカリ感と,染の微妙な色合いは 皆様納得していただいています.両サイドの耳の部分も少しデコボコしたり,色が濃いめだったりしますが,是非お使い下さい.耳があるので,ほつれがありません.

コメントを残す