生地のイメージを言葉にしてみました

帆布の固い丈夫な表情がしっとり落着いたコットン素材に変ります。
思わず触れて見たくなる. 肌がすべるような滑らかさが出来て,ごつごつした表面から,高尚でシッカリ感が残った素材に変りました。これはタンニンパウダーのツルツル感が残っているためです
生地を長時間タンブラーの中で洗い込むので,生地と生地がこすれ合い,少し白茶けた所が全体に出来ました。じっくりと洗い込むために,そこに,昔から有るような馴染んだ感じになりました。
不規則な自然の図形(たとえば海の波や砂浜にできる風紋のような)自然の模様ができました。

色が生きている。色が風化しないで進化する。色が深みを増す
色は自然に記憶の底に残っています。数日前の記憶に有る色が,あせないで,生き物のようにわずかに変化すれば,愛犬が日々可愛さを増すように,愛着がわきます。

タンニンで色を表現する事と,出来た素材を長時間洗い込む事,旧式の力織機で織込んだ帆布という三つの要素の組み合わせが この生地の素晴らしさです。
しばらく使って飽きたら,しまい込んだままの商品が多いのですが,再登場するのはタンニン染ワッシャ-帆布にほかなりません。

この素材を購入頂いたお客様が 自分のカテゴリーの中で,形,用途,色味,異素材を組み合わせていただければ,きっと素晴らしい結果が生まれると,確信しています。 そして,でき上がった商品を購入されたお客様がいつまでも,御愛用される事を願っています

 

 

 

コメントを残す