棉植える準備  急げば良いという事ではない

4月になってgardenの周りでは田植えの準備が始まっている
地続きだから,水田に水が引かれると このgardenも1ヶ月ほど水没する。 イチゴの収穫と水没時期が重なった一昨年は大ショックだった
それから懲りて,溝を掘って畝を上げる作業をすることした 畝を掘るのは根気とスタミナがいる。同じことを続けると投げ出したくなるので,気分転換が必要。
4年の経験から,早く棉を植えなくても良いことが分かってきた  6月に種まき収穫は年明け1月でも良いのだ。
早くする事が良いことのように世の中成っています
人より先に,たとえば展示会,新米,新茶  だが自然の露地栽培では
早まると良い訳ではない。 そして私は晩生だ!大きく遅れてみることにする

外枠2m×2m 竹製自作コンポスト 4年経ったけれど,枠は腐ってはいない 雑草を刈り込んだものを入れ,布を被せて置くだけ
栄養満点の腐葉土が出来ました

昨日はネギの植え替え,トマト,ピーマン,トウガラシの苗を植える。 今日はコンポストから腐葉土を取りだして,スダチ,イチジク,ダイダイ,ネクタリンの根元に積み上げる。
明日はツルバラを2本植え込む

土を起しながら,隣の田んぼの境目を起しつつ想いだした。 昔は春に田んぼの脇で ドジョウをとったものだ。 そう言えば ドジョウは?いないな!
ここでは絶滅危惧種になってしまったようだ。 となりの田んぼは農薬,除草剤を使ってお米を作っている。 こちらで無農薬栽培と謳っても,それは無いか!
ドジョウや蛇や蛙がウジャウジャする環境にならねばいけない。
お隣では農薬散布しています! と言うことで頑張るしかないのです