アメリカ旅行

アメリカ西海岸一週間の旅から帰ってきました
私と世代が違う人たち合わせて3人
疲れは爺にはつらいものでした。
2年前にロンドンに2週間行ったのは一人旅で気ままな旅行だったけれど、今回は車で毎日数百キロの移動
ホテルは夜遅く着、朝は早々のスタート、、トホホ、、
準備していた朝runのトレーニングなど お呼びでない
天候はよく湿度もない、持っていった服も半分は使わなかった。
車から眺める風景は かつて訪ねたモンゴルの平原に似て、何もなく、しかし そこにはアパッチ族が立ち向かった映画の場面をイメージ出来た。
いろいろ視てきた、、しかし、働く人たちは新しく入ってきた人達で 本当に接したい人達は向こうに居て打ち解けてくれない感じだ。
旅はそんなものかもしれない。
日本に来る旅行者を傍観する私、、 その反対で、私たち旅人も冷たく扱われているかもしれない。
1週間といえども移動に二日なので、実働4〜5日、、
じっくり探索する旅がしたいね。
次回はキャンピングカーで旅をしようという提案があったが、夢に終わらないことを祈ろう。

きのこの森の看板

看板が出来た
杉の倒木をチェンソーで板に加工,ベースはタンニンの粉を塗って仕上げたので,時間の経過とともに色が濃くなり,白のペンキとのコントラストで
はっきりすると思う。先輩のきのこ園はすでに収穫が始まっているが
私の場所は 少し遅い

急がば回れ!

中海と大山
椎茸 春子
看板を作る

島根松江に来て20日が経った。
予定の作業が進まない。
昨夜から雪が降ったようで,軒先には雪が屋根から落ちている。車の屋根にも雪だ!
少し暖かい陽が差し始めて,椎茸の芽も親指太になったのに,また収穫が伸びそうだ。
自然相手の農作業は 自然に合せる事にしよう
今日は屋内での仕事
キノコの森 の看板を山に設置するので,杉板5cmの厚みにして2mの物をチェンソーで作り,筆で書いたものを,トレースしてカーボン紙に写して板を彫刻します

山に入って,原木のカットと菌の打ち込みは 思ったより時間のかかること。