時間は語る


冬枯れのgardenで最後の収穫作業は指がかじかみ、時々休憩を入れる
冬の寒い雪のスキーは楽しかったのだが,この作業は辛いものがある。
畑や田んぼには人影はない
暖かい時期なら通りすがりに何かと声をかけてくれる人も,この時期にはいない。 ここでは北西の風が琵琶湖を越えて吹き,時々時雨れて雨や雪が舞う訳で,差し迫った事のない限り誰も通らない。
今回で3年目の収穫経験を 今度の作付に生かせる。
やはり,丈夫な苗を育てて,しっかり見守る事ですね
ダメな苗では 大きくならないし勢いの良い棉が採れない
世話をやかないと丈夫に育たない。 夏野菜は期間が短いけど,棉は一年の作業だ。そして,さらに販売が待っている。
今年の綿の収穫量は28kgでした。
昨年並みです。作付は増えたけれど,夏場に管理不足で 虫にやられたのと
苗が丈夫でないのが半分だった。
5月6月7月の最初の時期は目が放せないことがわかった
それと,年が明けても綿は自然に弾けるので
早めに幹を処理することはない

最後の収穫