棉の移植を終える

合計315ポット を間隔80cmで植え込みました
簡単に植えられそうで 意外と時間がかかってしまった
草マルチのナイロン生地112cmにポットサイズの穴をハサミで開けて,
土を小さなシャベルで掘り出し,肥料を入れ そのままポットを置きます
ポットの下の水抜きの穴から 棉が根を伸ばします
水やりはしません。勝手に彼らは生き抜くために頑張ります
問題は強風や雑草に負けない事です
後1ヶ月すれば風に負けないように支柱を立て,茎を結んでやります
一番大切な植え込みまでの作業が終わって
一息です
明日から東京地区に2週間の予定で旅立ちます
車に自転車積んで,テントも載せて
目的は仕事中心と体を鍛える事

下の写真は整然と植わった棉。菜園にはカボチャ,ピーマン,キュウリ,トマト,オクラを植えました。 カラスにやられない作物

DSCF3088

梅雨前の山仕事

DSCF3026
ざっと200本
DSCF3068
地面を水平にならして,竹を敷き詰めた上に積み上げます
IMG_1572
木漏れ日の漏れる場所です
IMG_1582
最初は上に杉の皮を置くだけでしたが,,
IMG_1583
布生地を被せました。秋にはこれを外して,セットします

今回の島根半島の作業は 前回3月の作業で出来なかったシイタケ菌の打ち込み作業少々。 時間がなくて ほっぽってきた原木を積み重ねる作業です
機械化する事は考えていないので,全て私のエネルギーを使います。
半端でない重さの樹を持ち上げたり転がしたり。
季節が移ると,ヤブ蚊も増えるので
作業は午前中にしました。
この作業をいい加減にすると,菌が程よく全体に回る期間が永くなり,収穫が先送りになります。しっかり管理すると一年で収穫できるのです
適度な湿気と通気性がいるので,設置する場所も ここだ!と云うとこに
数十メーター先に小屋を建てる計画ですが,, マムシとムカデがいる事が解りました。 少し躊躇です。
でも,コーヒー呑む場所が欲しいな。
この下には水場があります
作業は10日程で終了しました
平地の作業と違い
急坂の上り下り,チェンソーやノコ,ナタの作業は
普段使わない筋肉を使うため
夜はぐっすり眠りました。
翌朝は 鳥の鳴き声で目覚め,明るい内に風呂に入り夕食の日々でした。
そして,過疎の村の人達と 語らい呑み 十分に楽しみました