2014年は?

10年後に向けて将来を予測し,対策をたてよ!

新しい年を迎えました.10年.20年を振り返ると,変っていないと感じていても,自分のポジションも変ったり,仕事の内容も変っています.変らないつもりでいても,変ってしまうものですね.
さて,この先はと言えば,当然変るはずなので,それに対応出来る態勢をそなえていなければいけません.同じ生活志向では,平凡で,空虚に感じ,なにか新しい事に引かれます.対応するには自分の感性を鋭くしていなければなりません.   予測する前に,10年前より,自分は進化出来たか?その過去からの

DSCF1687軌道を受け継いで,どこを目指すのか?目標を決めたいですね.方向修正するなら,対策を講じなければなりません.私はリーマンショック,東北大震災で関西に引っ越しましたが,幸い新たな道が開けつつあります.大きな波に戸惑う人,希望を持つ人,地道で思い通りの生活をしたい人それぞれでしょう.それにしても対応力がなければ,軌道は修正出来ません.強い意思と廻りの理解が必要です.誰かのサポートがいります.そらは人脈だと思います.一人では動かないものです 人に好かれる,愛されたい.これは源氏物語の時代から変わらない物です.10年先も同じ悩みで日々過ごしている事でしょう.   愛されるように努め,その人や企業との関係を深めたいものです

商品企画と同時進行で,人に好かれるようなおこないをする事ではないか と年初めに感じた所です.そして,すぐ結果を欲しがらない事です. これは更に難問ですが,.

Aspirations de cette année 今年の抱負

今年はやはり,ヘビーディーティな帆布素材とツイルピケを中心にタンニンパウダーを使った染めにこだわります..都会派のカテゴリーは始めから遠慮..自然志向派は着実に増加傾向に在ります. 石油化学,原子力から自然界に回帰するので

私はこれからの10年,より自然志向に舵を取ります.
そして力を注ぐ事
(1)シイタケ栽培. 収穫時期3月〜4月.9月〜10月 今年の春から収穫が始まります.原木のホダ木を1000本目標です.里山はどこでも手入れをされないままになりました.考え方を変えると,里山は宝の山なのです.
(2)コットン(棉)栽培と手紡  収穫時期11月現在,土作りをしています.人に任せないで,シッカリ農薬散布しない栽培をします. 全てがお金中心社会になって,効率のよい農業を目指すのが当たり前に.そのために,虫を殺す薬を巻くのですが,永い時間の蓄積が私たち人間の将来にも害をもたらすのです.
身体は日々鍛練をくりかえして,初めて維持出来る物です.バーベルを持ち上げるトレーニングを進行中です.何故って,50kg程の樹を持ち上げる体力が必要になりましたから.

 

生地色の継時変化

暮れに生地が上がってきました.色としては先ず先ずです.生地の上がり具合は同じでは無い.しかし,染めのデサイプが決まると,それに基づいて,加工が施される.繰り返し同じ色になるように,ほとんど毎月加工する訳で,その経験もプラスされて,染めができ上がる.若干の色の誤差はあるけれど,自然の色のブレにクレームはつけたくない.
実は,日ごとに色がほんの少し変化するため,良くお客様に言われるのは,時間を少し経た生地が喜ばれる.上がったばかりより,少し時間が経過した生地が良いと言う事らしい.と言う事は,商品にしてからでも,時が経過する方が良い色になるという事の証明でもある
ワインを熟成してから,出荷するような事なのだが,生地はそこまで,熟成させる訳には行かない.10年物です?等と説明する訳には行かない.
出来れば,お客様が製品を大事に保管してもらって,その辺りを喜んでいただきたい物です
DSCF1617