今年もこれに力を入れます

タンニンのカラーカード

年明け2018年から色見本を作っていた。
台紙の印刷,価格表,タンニンfashionの原稿を入れて
郵送。
こう言う仕事をコツコツすることが,継続になる
この作業を終わったら,体の調子がおかしくなって
寝込今回は3日寝ても回復せず,数年ぶりに病院に駆け込む

インフルエンザの診断
薬を飲んで,1週間安静。 元気が出なかった
歳を感じた1週間。
18日19日は東京出張にしていた。回復したようなしないような状態で
東京に。 何とかこなして土曜日朝帰宅。 自宅で過す
体が休息を求めていた
こういう時は,本も読めない。
東京出張は少しまとまった6号タンニンの注文が出るので,詳しい加工の説明とメリット,デメリットの解説をお客様スタッフに
永く発注頂いているお客様数社に表敬訪問。 お客様の苦労も聞かなければいけない。 10年以上継続する商品はやはりその会社の看板商品になるわけで,それなりに熱を入れてもらえる。

夜は病み上がりの宴会。ただし控えめのアルコール。
金曜日の夜行バスは若者中心だ,老人も仲間に入れてもらう
それにしても,カプセルみたいなイスだった。寝返りが出来なかった

歩き疲れた感あり  荷物を持って階段を歩くのは辛い
帰宅後土日2日間静養する
そして月曜日 久々にジムでバーベルとスイム練習
復活のきざし

 

秋の島根に

8月初めからしばらく振りの島根です
秋の深まりを感じるのは田舎道
野菊や泡立草が咲き誇る
此処で一ヶ月程滞在する 今回は野良仕事
草刈り,納屋の修理,キノコの管理
4,5年続ける作業だ

此処に来るようになって私の老化が進む
朝のランニングが再開できないでいる
朝起きが出来ない
それだけエネルギーが枯渇したらしい
気合いが入らないのだ

気ままに 日々をすごしている

気ままに 日々をすごしている

4泊5日で工房に泊まり込み,ミシンを踏む
これが思う様にははかどらない。
まあ,そう簡単に出来れば,この道の人に申し訳がないのだが
計画の3割ほどで,切り上げてきた
課題が多いです
そうですよ! 人生終盤です。野球で云えば7回の表の攻撃です
あれこれやってる場合じゃない。 これが最後の試合なのだから

 

 

 

 

 

 

棉の成育をチェック。島根のシイタケ,, アトリエでのミシン
少しずつ季節が違うので 何とかしている。
ジムでのストレッチ,筋トレ,スイム,自転車 これらは 生活スタイルの健康維持だ。 体が資本だから  幸い順調である。
折角やり始めた事は やり遂げたい。 少し様子を見よう
今週はMatuo Gardenの棉作業と 物置テントの補修作業です

“気ままに 日々をすごしている” の続きを読む

梅雨明け大山ユートピアに上る

天気が悪ければ高山植物を見られれば良し
前日は雲の中だった大山に登る
険しいと聞いていたユートピアは やっぱし危険一杯
何とか登った山頂8時過ぎ 快晴なり
混雑無し,私がトップ登頂の様だった
下山10時半
70歳を越えて,不安な登山だったが,普段トライアスロンの練習が
ここでいかされた。 自信を持つ

アメリカ旅行

アメリカ西海岸一週間の旅から帰ってきました
私と世代が違う人たち合わせて3人
疲れは爺にはつらいものでした。
2年前にロンドンに2週間行ったのは一人旅で気ままな旅行だったけれど、今回は車で毎日数百キロの移動
ホテルは夜遅く着、朝は早々のスタート、、トホホ、、
準備していた朝runのトレーニングなど お呼びでない
天候はよく湿度もない、持っていった服も半分は使わなかった。
車から眺める風景は かつて訪ねたモンゴルの平原に似て、何もなく、しかし そこにはアパッチ族が立ち向かった映画の場面をイメージ出来た。
いろいろ視てきた、、しかし、働く人たちは新しく入ってきた人達で 本当に接したい人達は向こうに居て打ち解けてくれない感じだ。
旅はそんなものかもしれない。
日本に来る旅行者を傍観する私、、 その反対で、私たち旅人も冷たく扱われているかもしれない。
1週間といえども移動に二日なので、実働4〜5日、、
じっくり探索する旅がしたいね。
次回はキャンピングカーで旅をしようという提案があったが、夢に終わらないことを祈ろう。

きのこの森の看板

看板が出来た
杉の倒木をチェンソーで板に加工,ベースはタンニンの粉を塗って仕上げたので,時間の経過とともに色が濃くなり,白のペンキとのコントラストで
はっきりすると思う。先輩のきのこ園はすでに収穫が始まっているが
私の場所は 少し遅い

急がば回れ!

中海と大山
椎茸 春子
看板を作る

島根松江に来て20日が経った。
予定の作業が進まない。
昨夜から雪が降ったようで,軒先には雪が屋根から落ちている。車の屋根にも雪だ!
少し暖かい陽が差し始めて,椎茸の芽も親指太になったのに,また収穫が伸びそうだ。
自然相手の農作業は 自然に合せる事にしよう
今日は屋内での仕事
キノコの森 の看板を山に設置するので,杉板5cmの厚みにして2mの物をチェンソーで作り,筆で書いたものを,トレースしてカーボン紙に写して板を彫刻します

山に入って,原木のカットと菌の打ち込みは 思ったより時間のかかること。

2017年頭メッセージ

成長こそ当たり前の
そんな社会で私も生きてきました

これもやらねば!あれもしたい!
無理な目標を立ててもストレスになる
成長の無い暮らしを受け入れましょう
しかし、最善を尽すこと
達成感は気分を良くする
今までの繋がりや培った経験を組み合わせて
世の中に役立つ事を仕上げていけば良い
幸いにも体力は今年もいけそうだから

楽しむ
喜んでもらう

1月3日 近江富士(三上山)に登る 今年は白山に上りたい 

今年は、この2点で生きて行きましょう

今年最後の島根

dscf3224
山の絵は鳥取大山の雪景色。 額に入った3点は 昔々 フランスで買い求めた狩りの絵 昔の農機具 壁は製材でカンナをかけないままの板を全面に張りましたが、これが意外に時間がかかった
img_2032
切り倒すと決めた場所の周りの小さな木を最初に切っておく  去年までは それをしなかった 後の作業が楽なことがわかった
dscf3228
切り倒す前のクヌギ 20cm位の直径
dscf3230
引っかからないように順番に 切り倒す 2時間程で作業終了だった

7日間島根に帰ってきました
今年最後の仕事でした
時雨が続いたので納屋を整理、アトリエ風にセットして、接客スペースを作りました。 ここでイスに掛けて
その内 薄茶を振舞いたいね
ワビサビを感じさせる空間です
薪ストーブが入って、夜はそのストーブを囲んで、 地元産の白イカをあぶって1杯  釜を持ってきたので、椎茸の蒸したのを頂きながらの1杯も都会では味わへないさ!

さて11月になると山は冬支度
落葉樹は葉を落とし、虫達は何処かにお隠れです。3月までは森は活動を停止するのです。  寒いが虫は来ないので山の仕事は雪にならない限り やりやすい季節。
椎茸菌を打ち込む原木切りをこの時期にやらねば! 少しばかり危険の伴う作業。来年も200本程のホダ樹を作りますから、10本の樹をチェンソーで切り倒しました。
次回は来年2月の作業です