棉植える準備  急げば良いという事ではない

4月になってgardenの周りでは田植えの準備が始まっている
地続きだから,水田に水が引かれると このgardenも1ヶ月ほど水没する。 イチゴの収穫と水没時期が重なった一昨年は大ショックだった
それから懲りて,溝を掘って畝を上げる作業をすることした 畝を掘るのは根気とスタミナがいる。同じことを続けると投げ出したくなるので,気分転換が必要。
4年の経験から,早く棉を植えなくても良いことが分かってきた  6月に種まき収穫は年明け1月でも良いのだ。
早くする事が良いことのように世の中成っています
人より先に,たとえば展示会,新米,新茶  だが自然の露地栽培では
早まると良い訳ではない。 そして私は晩生だ!大きく遅れてみることにする

外枠2m×2m 竹製自作コンポスト 4年経ったけれど,枠は腐ってはいない 雑草を刈り込んだものを入れ,布を被せて置くだけ
栄養満点の腐葉土が出来ました

昨日はネギの植え替え,トマト,ピーマン,トウガラシの苗を植える。 今日はコンポストから腐葉土を取りだして,スダチ,イチジク,ダイダイ,ネクタリンの根元に積み上げる。
明日はツルバラを2本植え込む

土を起しながら,隣の田んぼの境目を起しつつ想いだした。 昔は春に田んぼの脇で ドジョウをとったものだ。 そう言えば ドジョウは?いないな!
ここでは絶滅危惧種になってしまったようだ。 となりの田んぼは農薬,除草剤を使ってお米を作っている。 こちらで無農薬栽培と謳っても,それは無いか!
ドジョウや蛇や蛙がウジャウジャする環境にならねばいけない。
お隣では農薬散布しています! と言うことで頑張るしかないのです

 

時間は語る


冬枯れのgardenで最後の収穫作業は指がかじかみ、時々休憩を入れる
冬の寒い雪のスキーは楽しかったのだが,この作業は辛いものがある。
畑や田んぼには人影はない
暖かい時期なら通りすがりに何かと声をかけてくれる人も,この時期にはいない。 ここでは北西の風が琵琶湖を越えて吹き,時々時雨れて雨や雪が舞う訳で,差し迫った事のない限り誰も通らない。
今回で3年目の収穫経験を 今度の作付に生かせる。
やはり,丈夫な苗を育てて,しっかり見守る事ですね
ダメな苗では 大きくならないし勢いの良い棉が採れない
世話をやかないと丈夫に育たない。 夏野菜は期間が短いけど,棉は一年の作業だ。そして,さらに販売が待っている。
今年の綿の収穫量は28kgでした。
昨年並みです。作付は増えたけれど,夏場に管理不足で 虫にやられたのと
苗が丈夫でないのが半分だった。
5月6月7月の最初の時期は目が放せないことがわかった
それと,年が明けても綿は自然に弾けるので
早めに幹を処理することはない

最後の収穫

棉を殻から摘みだす

昨年採ったワタの取り出し作業です
ハサミで切り取った弾けたワタ
殻から棉を摘みだす仕事
暇な時にしよう
なかなか,暇が無く遅くなりました
このやり方は私の勝手なやり方です
今年の収穫から,直接畑で摘みだす事にしました

 

 

無農薬とは その1

IMG_1880
棉・コットン:この植物は 亜熱帯から温帯にかけてのもの

夏の暑い季節の世話が一番です 7月から8月我がGardenでは一気に成長します

花が咲き始め実(コットンボーツ)が成って,気温の下がる秋にその実が弾けて

棉が現れるのです

収穫は弾ける実から飛び出す綿を 手で殻から轢きだすのです

一斉に開く訳ではなく,だらだら,日々 少しずつ開くので コラ!早くしろよ

そんな気持ちになります

アメリカで始まったプランテーションの棉の収穫作業は

このイライラ感を 取り除きました

空中からヘリコプターで枯葉剤を散布します

一斉に枯れてくれるので 殻が弾けるのも一気

枯葉剤は ベトナム戦争で ベトナムでは奇形の子供たちが生まれた薬剤です

輸入されるほとんどの綿花はそのような農法です

消毒による生態系の深刻化も重なってオーガニックコットンの生産が始まったのです

私の回りの農家は其処までしませんが,除草剤や農薬散布は当たり前になり

いかに楽に作業をして 収穫を上げるか この戦略に巻き込まれて 洗脳されてしまいました

家庭菜園で自分達の野菜は作り ハウス栽培で薬漬けの商品を出荷する

おかしな事に皆さん気付きながら,何も問題にならない現実を過している訳です

その時が来たら 誰があやまるのでしょうか?

辛い作業

草はほっておくと山のように伸びるIMG_1883
そのために,風通しが悪くなる
雑草を時々刈る必要がある。
私は1ヶ月2週間不在になる事が多い 草は伸び放題に
常にすっきりといかない。今回もそのために害虫にやられた
葉っぱがやられ,茎の中に入り込まれ
コットンボールに入り込まれ
えらい事になった
対策:まずは木酢液を水で割ってIMG_1888
スプレーする。効果の程は定かではない
図書館で本を借りて読む
有機栽培の防除策は意外と多い
木酢液+クエン酸
木酢液+トウガラシ

殺菌ではなく防止ですIMG_1887
木酢液+クエン酸+タンニン粉 でブロックする手もありだ
茎の中に入り込むと根から吸い上げる養分が樹に上がらなくなって
葉に勢いがなく枯れてくる,。
みる限りでは 20本程ダメになっている
状況判断が遅かった。気がつくのが遅い
幸いにも,最初大きくなった樹がダメで 成長が遅かったものには 今のところ被害がない
きれいな棉が出来るよ
作付が増えると
作業は比例して増える
機械化していないので体の負担は当然大きい。そこまで考えなかった!
IMG_1889IMG_1882

棉畑での夏

8月は高温が続いて,ワタの成長
が良い。 何か災難が降りかからなければ
良い結果が期待される
このガーデンの一部,菜園では オクラが毛虫に葉っIMG_1818ぱを食べられ無残,果樹のダイダイもみじめに葉っぱを食べられてしまった
そんな事から,虫がつけば困った事になる
葉っぱをむしゃむしゃ 食われては どうにもならない
消毒はご法度 やはり捕まえて駆除する方法しかないみたいだ。 注意深く,そして根気よく 毛虫発見に努めることしかない
今は周りに生えている草退治。
今年は風が弱いようで,茎が倒れていないのが救いです。 来週から成長の遅かった茎に竹の支柱を立てよう
花が咲いてきれいなGardenになってきました
IMG_1808

棉の移植を終える

合計315ポット を間隔80cmで植え込みました
簡単に植えられそうで 意外と時間がかかってしまった
草マルチのナイロン生地112cmにポットサイズの穴をハサミで開けて,
土を小さなシャベルで掘り出し,肥料を入れ そのままポットを置きます
ポットの下の水抜きの穴から 棉が根を伸ばします
水やりはしません。勝手に彼らは生き抜くために頑張ります
問題は強風や雑草に負けない事です
後1ヶ月すれば風に負けないように支柱を立て,茎を結んでやります
一番大切な植え込みまでの作業が終わって
一息です
明日から東京地区に2週間の予定で旅立ちます
車に自転車積んで,テントも載せて
目的は仕事中心と体を鍛える事

下の写真は整然と植わった棉。菜園にはカボチャ,ピーマン,キュウリ,トマト,オクラを植えました。 カラスにやられない作物

DSCF3088

今年も棉の種まきを始めます

ポットに育ってきた棉の苗
ポットに育ってきた棉の苗

IMG_15372016年5月 今年も棉を植えます。近所の人は意外と冷ややかです。 私も真面目に3回目の種まきを始めました。 農業は簡単ではないと言う事を肌で感じさせてもらっています。 日々辛いです。 植物も動物と同じ生き物なので,ちょっと待って! 今忙しいから。 という言い訳が出来ない。 季節に合わせて種を蒔き,雑草に埋もれないよう気を付けてやらねば,風に倒れないようにしないと,ここで一発栄養補給,そんな気遣いをしてはじめて 収穫出来るのです。
二年の貴重な経験で,少し余裕の3年目です。
良いものを少量。 気配りで価値を集約させます

若干育ちの遅い棉の苗
若干育ちの遅い棉の苗

今年は5月中旬に種を蒔きましたが,勢ぞろいまで20日程かかりました。
オクテの種がやっと芽を出してきました。
人力でスコップ,鍬で汗を流します。隣の畑はコンバインで数時間で麦畑を刈り終えましたが,スローでやっと一列です。集約農業出けれど,採算は取れるはずがないIMG_1594

3年目のワタ栽培

今年もワタの栽培を始めないと、、。
戸惑う事、 草退治です。 3週間ほどgardenの管理を留守にしている間
雑草が繁茂。 お手上げ状態になってきましたIMG_1521
3年目の栽培なので その経験から 時期を少し遅らせます
種まきを5月後半にします。昨年より1ヶ月近く遅らせる事にしました
あまり温度が低いと発芽しない事が解りました。南洋の植物です
寒さには敏感です。
そして、作付けを増やし、50Kgから100Kgの収穫を目指します
表面を雑草が生えないように布生地で覆います。
不思議に 布で太陽を遮断すると 草は生えてきません
今年は新しい作戦を考えています

この広い土地に機械を入れないで,人力で掘り起こすのは 流石に大変
やり始めは,自信をなくす。 一歩一歩ですから 何とかなるのです
鼻歌や口笛などで気分を高め,少しずつ進めます。 すると,成果が目に見えるので
やる気に火をつける訳です。  野菜作りも並行していますから 気分転換には
苦労しない。 キュウリ,ピーマン,トマト カボチャ等 カラスに狙われないモノにしました。

溝を深くして,水はけを良くします。 そのため掘り起こした土を畝の上に載せる作業が 一番大変かな? これさえきちっとこなせば 後は少し楽な作業
炎天下になる前のこの4月から5月の季節にやり終えたい

 

 

 

ワタの精綿に到達です

島根がふるさとなので、シイタケ栽培もあり 今年も11月と12月帰った
県境の鳥取県境港市は すぐそこです。この地方では古くから浜絣(かすり)として
ワタ栽培が盛んです。私の滋賀で栽培するワタも、ここに持ち込んで
種を外して、綿打ちをしてもらいます
25kg程の収穫したワタから精綿で出来てきたのはわずかに4kg
しかし、ふんわりしていますから、意外に容積はあります
さてさて、これをどうするか?
ワタで販売するのと、私が手紡で糸を作る 二つの選択肢
どちらもやる事にしますが、量が増えれば ワタ販売が多くなりなす。
はたして、売れるか? 採算ベースでは無理かもしれません。
貴重な商品になるので、やるしかないですね。