タンニンとは別名ポリフェノール

私達の体は免疫力によって細菌やウイルスを防御しています
免疫力が弱ると風邪を引いたりガン細胞が活発になるのです。
植物も同じように外敵から身を守るために同じような事をするポルフェノールという組織で外敵と戦います。
別名タンニンです
腐り難い栗の樹,虫を寄せ付けないミモザなどを使って私達は医薬品
食品などに利用しています。皮をなめして腐らない様にしたり,柔らかな風合いにするためにも古くから使われてきました
日本では柿渋が防水防腐剤染色材として一般的に使われてきました。 私達は革の工場で使われているタンニンの粉を使って
帆布を染めています。 柿渋が東洋的な発色ならヨーロッパから輸入するタンニンは西洋的な発色といえましょう。
経年変化があり,光と空気に触れる事で少しずつ色の変化があり,これが魅力の染めとなっています。
草木染めとして作られている商品は色が褪せるために,化学染料との併用で販売される場合が多いです。
機械染めをする事でコストも抑えて作られ,職人の経験も重なり
皆様に継続して利用頂く商品になっています

今年もこれに力を入れます

タンニンのカラーカード

年明け2018年から色見本を作っていた。
台紙の印刷,価格表,タンニンfashionの原稿を入れて
郵送。
こう言う仕事をコツコツすることが,継続になる
この作業を終わったら,体の調子がおかしくなって
寝込今回は3日寝ても回復せず,数年ぶりに病院に駆け込む

インフルエンザの診断
薬を飲んで,1週間安静。 元気が出なかった
歳を感じた1週間。
18日19日は東京出張にしていた。回復したようなしないような状態で
東京に。 何とかこなして土曜日朝帰宅。 自宅で過す
体が休息を求めていた
こういう時は,本も読めない。
東京出張は少しまとまった6号タンニンの注文が出るので,詳しい加工の説明とメリット,デメリットの解説をお客様スタッフに
永く発注頂いているお客様数社に表敬訪問。 お客様の苦労も聞かなければいけない。 10年以上継続する商品はやはりその会社の看板商品になるわけで,それなりに熱を入れてもらえる。

夜は病み上がりの宴会。ただし控えめのアルコール。
金曜日の夜行バスは若者中心だ,老人も仲間に入れてもらう
それにしても,カプセルみたいなイスだった。寝返りが出来なかった

歩き疲れた感あり  荷物を持って階段を歩くのは辛い
帰宅後土日2日間静養する
そして月曜日 久々にジムでバーベルとスイム練習
復活のきざし