タンニンとはポルフェノール

動物の皮はそのまま干しても堅く板状で虫が食べてしまう
汚い話だが 昔はウンコの中にしばらくいれると 革の柔らかさが
出来たらしい。 樹の皮にはポルフェノールが含まれていて,外から入る害虫を寄せ付けない。日本茶,ウーロン茶,紅茶,コーヒーにポルフェノールが含まれている。ポリフェノールの含有量の多い植物の粉を水槽の中に皮をつける作業を鞣(ナメス)といいます
10年昔,ネパールの鞣の現場をおとずれた事がありますが,頭が痛くなるような悪匂を思い出します
たんぱく質が分解され堅さがほぐされ革になる訳です

粉はアフリカやイタリーから届きます
私達のやっているのは そのタンニンの粉を布に染み込ませたらどんなものか?
日本古来の柿渋染めとは違った事が出来ないか?

そんな事から始まりました
幸い回りは織物の専門家集団です
物事は何事にも壁が立ちふさがります。 それを乗り越えなければ目指す事は出来ない
粉を お湯に溶かしてタンクに入れ,布生地に染み込ませる
均一に付着するまで機械で回します。
乾燥させて固まった状態で少し置いて,今度は時間を掛けて洗い余分な粉を落とします。それでも繊維の中に粉は染み込んで発色しています。

昨年ある会社から,過去に別のスタッフが保管していたタンニン染めの布生地を
提示して発注頂きました。 染工場の過去の控えと比較しても違いました
保管している場所や環境で3年~5年で色の変化があるのです

実際に加工が終わったら 大分色目が違いました
色々説明をし 加工後30日程の色変化をしてもらったら 納得していただきました  どうもこの変化がお気に入りになったらしい

タンニンの粉は生き続ける訳です
そこが化学染料との違いです

でも弱点は 鮮やかな希望色は望めません